無垢の木と漆喰壁で建てられた大きな戸建ての家のハウスクリーニング

query_builder 2020/06/06
ブログ
遠藤商会
こんにちは遠藤商会の遠藤です。

本日は、相模原でハウスクリーニングの遠藤商会が、無垢の木と漆喰壁で建てられた大きな戸建てのハウスクリーニングをしました。

前回は、各部屋の状況などの説明で終わってしまいましたが、今回は、掃除、清掃、洗浄などハウスクリーニングの状況を説明させて頂きます。

無垢の木と漆喰壁で建てられた大きな戸建てのハウスクリーニング

目次
1、床に散乱しているごみや埃の掃除
2、分解、取外し、各部品を洗剤につけ置き
3、各部屋のふき取り掃除
4、サッシ廻りの洗浄
5、水回りの清掃
6、床の清掃


(作業一日目)

床に散乱しているごみや埃の掃除

今日は、ハウスクリーニング一日目です。実は床全体に引っ越しをした後のごみや埃がすごいのです。一階には残して行った物が有ります。

先ずは、道具を運ぶ前に、箒と、ちり取り、ゴミ袋を用意して、ゴミと埃を片付けます。床だけでなく壁や天井に付いている蜘蛛の巣を払いながら、大まかな掃き掃除を、二階の全部屋そして一回の全部屋、玄関の土間まで全て掃きとります。

分解、取外し、各部品を洗剤につけ置き

大まかなゴミの片付けは終わりました。
次は、段取りをしていきます。キッチンフードの換気扇、油取りの網、浴室やトイレの換気扇カバー、排水口のトラップなど、外せるものは全てはずし、油の付いているものと、そうでないものを別々に洗剤につけ置きしておきます。

つけ置きをすることで、長い間に固まった油汚れをきれいに落とすことが出来ます。お湯を使うとより効果的です。

網戸も外して各階のベランダにまとめて置きます。

各部屋のふき取り掃除

一般的に、戸建の清掃は上の階から作業を進めて行きます。
ふき取り作業は、一部屋ずつ天井、壁、ドアやコンセントスイッチに付いている手垢や埃をきれいにして行きます。

建具など、ベニヤ板で作られたものでは無く、自然の木材を使っているので埃をふき取るだけなので、作業が早いです。

サッシ廻りの洗浄
ふき取り作業が終わると次は、サッシ廻りの洗浄作業に入ります。雨戸の内側に溜まった土埃を水できれいに刷毛を使いこすり落とします。次にサッシ枠とガラス面を洗い、レールの溝の泥汚れをブラシでこすり水できれいに洗い流して、まわりの水気を拭き取り仕上げます。
この手順で二階の窓全て行います。ベランダに進んだ時に網戸を全部洗浄して水を切って斜めにして立てかけておきます。
水が切れたらもとの位置に取り付けます。

次は、床の清掃です。床に残っている埃を掃除機掛けをして、水拭きをして、乾いたタオルで水気を取ります。
これで二階の清掃は終わりました。

二日目の作業は、またこの次に説明させて頂きます。

次回もよろしくお願いします。

皆さん、新型コロナウイルスには十分気を付けてくださいね。

本日はありがとうございました。




NEW

  • 昭和中頃に建てられたと思われる懐かしい戸建の貸家

    query_builder 2020/08/02
  • 横浜の会社の事務所兼住宅の大きな新築戸建てのハウスクリーニング

    query_builder 2020/07/17
  • 横浜の会社の事務所兼住宅の大きな新築戸建てのハウスクリーニング

    query_builder 2020/07/15
  • 戸袋の中の鳥の巣の清掃

    query_builder 2020/07/03
  • 戸袋の奥の鳥の巣

    query_builder 2020/06/30

CATEGORY

ARCHIVE